2015/07/15


以前のブログ→【正しいシャンプーの選び方指南】

このブログを記してから、まぁ長い年月を経るに至りましたが、軽くおさらいしておこうと思います。

そもそも、一般的に流通してきたシャンプーの多くは、ただの【リンスinシャンプー】です。

リンスの性格成分である「ジメチコン」を、シャンプーの中に入れてしまえば、洗い上がりはとても滑らかになります。

そこに、特許権の失効した過去の産物である「ジラウロイルグルタミン酸リシンNa」や、毛髪にとってストレスになりかねない、ツバキオイルなどの植物油を配合しておけば、その「洗い上がりの滑らかさの正体」がそれらの...

2015/06/10

およそ13万匹。

それはたった1年間でその命を失った犬や猫の数。

ただし、不幸な病気や悲惨な事故によるものを含まない。

これらは、僕や君と同じ「誰か」の手によって行政的に殺処分された命の数。

つまり、言いかえれば、僕や君によって救えたかもしれない命の数。

動物を殺処分から救うために生活や財産を犠牲にされている人達がいる。

でも、犬や猫を思いやる気持ちが、自己犠牲による支援とダイレクトに繋がるべきだとはとても言えない。

個人の負担が大きくなればなるほど、多くの人は「結局、自分にできることなんかない」と支援することはおろか、その入口に立つことすら躊躇...

2014/05/20


自身の表層や深層に潜む多くの感情を、「不特定」の誰かに伝えたいという欲求があったとする。

ある人はそれを文章に綴り、ある人はそれを絵として描き、ある人はそれを料理や裁縫やスポーツに変える。

そして、それらは時として商品となり、作品となり、商売をもたらす。

僕はハサミを使って、多くの人の髪に触れることで、自分の感情の出口を見つけ、生きるという行為を続けるために不可欠なバランスを身につけてきた。

美容師という仕事はとても技術的なようでいて、じつは違う。

髪を引き出してハサミを開閉するという一連の運動は、さほど重要ではなく、僕らの仕事は、どれだけ...

2012/12/07

ともあれ、皆サマお元気にお過ごしでしょうか?

およそ2年ぶりの更新ですが、まったく体感し得ない速度で時が過ぎ、やはり僕はいつの間にか、時流の外側に取り残されているようです。

まったく気がつかない間に、そして気がついた時には遅すぎるほどに。

さて。

ジャグブランキンも先月の15日でなんと7年目を迎えました。

つまり僕も等しく7年分の細胞老化と、おそらくはその倍のスピードで肉体の劣化を経験しているわけです。

あぁ恐ろしい。

ジャグブランキンが南越谷に誕生したばかりの頃、顧客サマの多くは10代から20代半ばの、それはもう春野菜のようなあどけない少年少女...

2010/06/25

ブブゼラの激しい慟哭が響く。

優勝候補だったヨーロッパの青いユニフォームはそれぞれ、フランスとイタリアに進路を戻すことになった。

しかし、続けざまに敗退していくブルーのカタストロフィーは、ようやくその夜になって、アジアの極東島国が背負った小さなユニフォームの中の大きな野望によって、砕けて消えたのだ。

6月24日木曜日、ルステンブルク。

ロイヤル・バフォーケンスタジアムに最初の絶叫が訪れたのは、試合開始から17分が過ぎた頃だった。

右サイドから無回転のまま、35メートルを優雅に舞うジャブラニ。

およそ420分の時差を得て、僕らの目に飛び込んできた...

Please reload

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
記事一覧

May 20, 2014

April 10, 2008

April 14, 2006

November 15, 2005

Please reload