無を以って無限とし、有を以って永遠とする

2007/03/14

カタチあるものは、やがてその姿を消していく・・・。

 

 

人は生まれながらにして、死と云う宿命を背負い、その晩年に伴う巨大な侘しさから逃れるようにして、モノを造るのかも知れない。

 

 

しかし、それでもなお、或るモノは消費され、或るモノは切り倒され、或るモノは焼かれ、或るモノは剥がされ、或るモノは淘汰されていく。  

 

 

つまり、僕らは造り続けるしかないのだ。  

 

 

3月13日。快晴。【ジャグブランキン陶芸部】  

 

 

早朝のぼんやりとした大脳の倦怠も、117km余りの長い道のりも、柔らかい春の退屈の中で喜びに変わる。  

 

 

そんなふうにして、僕らはその日、創造と消滅の座標軸を渡った。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
記事一覧

2014/05/20

2008/04/10

2005/11/15

Please reload