Funky & Peaceful New Year !!!

2009年12月31日→2010年1月1日0時0分0秒。 その瞬間を、僕は実家のトイレの中で迎えた。 近くの観音山から鈍重な鐘の響きが聞こえ、あっさりと新年を迎えた事に気付く。 いつも通りだ。いまさら深い感慨を得ることもない。 むしろ、いつも通りである事に感謝して、しばらくその鐘を一人で聞きながら、静かに2009年を追認してみた。 I think , therefore I am. たとえ、ルネ・デカルトじゃなくても、新年を迎えた中年男性は、たいていそんな気分になるだろう。 ★★★★★★★★★★ 2009年は、新しい決断から始まった。 新規のゲストを大きく制限し、今までよりもずっと仕事量を減らした。 そうすることで、より深くゲストの方々と向き合い、より居心地のいい時間を共有できると考えたからだ。 新しいスタッフを悪戯に増員するよりも、そうするほうがずっと楽だしクオリティも保てる。 おかげで充分なカウンセリングを交わすことも、自由な時間を持つこともできた。 その自由になった時間で、某企業からシャンプーとトリートメントの、開発・製造プロデュースの依頼を受けた。 とてもストレスの大きな仕事だったけど、有意義で楽しく研究に没頭できた。 それから、ダメージの大きな毛髪に対する、パーマ液を使わないパーマスタイルの施術。 その薬品の処方に行程の開発。 タンパク質の構造や理論を組み直した、新しいトリートメント。 その薬品の処方に行程の開発にツールの試行錯誤。 メーカーの開発する薬剤にずっと疑問を抱いてきた僕にしてみれば (可能な限りメーカーに頼らず、どこまでオリジナルに結果を追求できるか?) それほど耽溺するにふさわしい案件はない。 だから、ずっと文系だった僕には、初めてギターを手にした頃のように、毎日の睡眠時間すら、自分には無関係なものだと思うほどだった。 とはいえ、遊びのない人生はまっぴら御免。 バンド活動にフットサル、週に数回の飲み会。 終戦記念BBQに4周年記念パーティに忘年会。 ざっと数えても百数十人を超える、相当数の方々とアルコールを交わした。 なんとなく登録したSNS等で、僕を見つけた小学校の同級生達から、思いもよらないメッセージを頂き、誰かと過去を共有していた自分が、今でもなんとなく繋がっていることに感謝した。

同窓会に出席できなかったのは残念だが、彼ら(彼女ら)のストラットな人生に数瞬でも触れ、よりいっそうの奮発を覚悟するには、あまりにも充分な触発材料を得た。 僕ももっと、頑張らないとな。 ともあれ、本当に楽しい一年でした。 皆さまのおかげです。 きっと僕が思う以上に。 振り返ってみると僕の一年は、やはりジャグブランキンの一年であり、その小さな日々の積み重ねが、新しい一年に続くことを思えば、いくつかのネガティブな事情や面倒な気苦しさなど、まるで深い海の底で、地上の雨を気にする程度に些細なことだと気づく。 しかし積み重ねていったものが、見上げるほどに高くなった頃、やがてそれは崩れていく予感となり、いつかは恐怖にすら思うかも知れない。 でも、大丈夫。 それを踏ん張って支える事すら、今は楽しくて仕方ないのだ。 2009年12月31日→2010年1月1日0時0分0秒。 トイレの中で、ひとり新年の鐘を聞きながら、力強く流した不安や迷いは、もはや排水溝に流れて消えた。 良いことも悪いことも、忘れてしまったことも忘れられないことも、蜘蛛の巣のようにゆっくりと丁寧に編みあげながら、新しい一年が始まる。 そんなわけで、今日から(あと数時間で)2010年のジャグブランキン。 手つかずにしていたいくつかの趣味も、ある目的に向かって、大きく姿を変えようとしています。 2010年も、皆サマと新しい楽しみを見つけられたら幸いです。 Funky & Peaceful New Year !!! そんなわけで、今年もどうぞよろしくお願いします。

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
記事一覧